前へ
次へ

契約前の内見で賃貸マンションの防音を確認

快適な住まい契約にたどり着くためにも、賃貸マンションも物件見学に行ったときには、思い切って防音チェックもしておくことです。驚くかもしれませんが賃貸マンションの内見に営業マンといくことになったら、部屋の壁を叩いておくことであり、どれくらい響くのかを確認しておきます。一か所ではなく部屋の四方の壁を、手でドンドンと叩いてみること、もしも防音がキチンとされていないとかなり響くからです。集合住宅ですからたくさんの入居者がいて、それぞれの生活をおくりますが、職業もライフスタイルも皆が一緒ではありません。あまりにも近隣の生活音が響いてしまうと、いくらデザインが良くても間取りが気に行っても、音のストレスで快適な暮らしとは程遠くなります。コンクリートが壁にない場合だと、壁をたたいたときに音がかなりひびきますし、ドンドンと叩くことを営業マンは嫌がりますが、防音対策がイマイチだからです。鉄筋性は音に対しての遮断性も高いですし、家族のため生活のためにも契約前に、音の事前チェックは欠かせません。

Page Top